*

恋愛中でも大切にしたい、同性との関係

自己中心的なことばかり言う印象の「ギャル系のかっこうをした女性」は異性から好意をもたれない確率が高い。「二人でいても、振り回されるばっかりで、ヘトヘトになる」と思われている事実があるのが理由。
ハートを射止めたい人が何か飲み物をのんだら、あなたも飲む。頭をかいたら、自分もかく。足を組みかえたら、あなたもさっと足を組みかえる。こんな相手そっくりの真似を続けていると口説きたい相手に親近感がわく確率が高い。
笑顔で微笑む。すると、相手と付き合いたいというあなたの本心をさりげなく知らせることができるのです。モノにしたい相手にもその気持ちを分かってもらえることになり、恋愛対象になるはずです。
誘ったとき成功させるためには女を夢を見ているような気持ちにさせることが大事であることを覚えていて。『余裕があるから、ここの支払いは任せて!』と口説けば、この人には"経済的な余裕がある"と女性は見込む場合が多い。
雰囲気を作らないと女性に近づくことができない男はいわゆる"男性性"がたりない。十分に"男性性"が大丈夫ならムードに頼らなくても押し通せるし、女性の方からこちらに近づいてくる。
異性を愛する気持ちというものは義理だけで維持されているわけです。そうして人間の本性は悪なので、心の鎖なんかは人間の都合ですぐでも全てたち切ってしまう。
恋をしているときは、論理的に考える力が落ちるものである。原因は脳は左右で論理脳と感覚脳に役割が分かれ、恋におちている最中ならば気持ちを担当する右脳を中心に機能しているためである。




コメントする